MENU

合成タウリンと天然タウリンの違いとは

タウリンには二つの種類があることを知っていますか。
天然タウリンと合成タウリンと呼ばれるものが存在するのです。

 

それぞれのタウリンの健康効果は同じ!

 

合成タウリンと天然タウリンで得られる効果は同じです。
さきほど述べましたようにタウリンの疲労回復効果は主に肝機能を回復した結果もたらされるものであります。
では、肝臓がどのような状態になると疲労を感じるのか確認しておきましょう。

 

肝臓は摂取した炭水化物やタンパク質、脂質などをエネルギーに変えます。エネルギーに変えた後、グリコーゲンを肝臓内で貯蔵するのです。そして、血中グリコースを排出して血糖値を調整します。血糖値の調整が上手くいっていない時、怠さを感じるのです。
また、肝機能が弱まると胆汁が上手く分泌されません。ビタミンや脂質が体内に吸収されなくなるのです。その結果、脂肪便になり、食欲が無くなる現象が起こり、怠さを感じます。
加えて、肝臓には老廃物を体外に排出してくれる解毒作用があります。解毒効果が上手く働かないことも疲れを感じるの原因です。血中の老廃物質を肝臓が上手く解毒できずに疲労感が蓄積します。

 

合成タウリンと天然タウリンの違い

 

どのように作られているか、それぞれの種類の概要や簡単な紹介をまず述べます。
天然タウリンは牡蠣や魚などの魚介類、鳥のもも肉、牛の胆汁などの食材に含まれています。料理の旨みを出すための旨み成分として有名です。その他、ミルクなどの添加物として一般的に使用されています。

 

 

一方、合成タウリンは食品からではなく、エチレンと呼ばれる化学物質を合成して作ります。
リポビタンDなどの栄養ドリンクに含まれるタウリンは合成です。
しかし、サプリメントには天然タウリンが使われています。合成タウリンは医薬品に該当するので食品に入れてはいけないルールになっているからです。

 

ところで、タウリンを摂取する際に副作用の心配はないのでしょうか。
合成の場合、厚生労働省にわずかながら下痢や便秘、腹部不快感、おう吐などの副作用が報告されています。
合成した時にできた、化学反応の中間物や触媒の残留物が残っているのです。わずかな残留物がその人の体質によっては生体反応を起こします。そして、副作用が生じるのです。
一方、天然タウリンは残留物がありません。副作用が起こらず安心して摂取できるのです。

 

値段はどちらが安いのでしょうか。
安価で気軽に摂取できるのは合成です。薬品を使用して安価に作れます。
一方、天然タウリンは食品から抽出するのです。作るのに手間がかかり値段が高価になります。

 

サプリメントを摂取して健康な肝臓を保ちましょう!

 

いかがでしたでしょうか。
それぞれの効果は同じであることがわかりました。
また、人工的に作られているのか、副作用がまれに起こるかどうかの違いがあるにすぎません。

 

ところで、食事のみでタウリンを摂取するのは非常に困難です。牡蠣100gに含まれているタウリンは1300rと言われています。肝臓の機能に問題がなく、血圧が高くない人の摂取目安量は500rです。一方、問題がある人は3000rと言われています。
しかし、毎日魚介類を大量に食べているわけにはいきません。

 

そこで、サプリメントによる効率的な摂取がお勧めです。サプリメントなら3000rの摂取も問題なく行えます。タウリンのサプリメントを摂取して肝臓を労わり、健康な人生を送りましょう。