タウリンの肝臓への働きかけ

タウリンは実は肝臓にとてもいい栄養成分なんです。このカテゴリーでは、タウリンが肝臓に対してどのように働きかけるのか?また、肝臓の病気に対してどのような効果を持つのかを紹介していきます!

皆さん、オルニチンという物質を聞いたことがありますか。この物質の体内での働きに関して詳しく見ていきます。これは遊離アミノ酸の一種で、体内の健康維持に欠かせない物質です。まず、オルニチンは、体内に入ると腸内で摂取されます。そして、肝臓や腎臓、筋肉に移行するのです。ところで、オルニチンは肝臓の細胞内で、アンモニアを解毒する代謝経路を作ります。これは、オルニチンサイクルと呼ばれているのです。別名を尿素回...

肝臓は食物から摂取した炭水化物やたんぱく質をエネルギーに変えます。変える過程で血中にグルコースを放出して血糖値を調整するのです。しかし、倦怠感を感じるときはその調整が上手く行っていません。そこで、血糖値を適切に調整するようにタウリンが働きます。また肝臓の機能が弱くなると胆汁が出なくなります。その結果、脂質やビタミンの吸収が妨げられてだるさや倦怠感、食欲が無くなるという症状を感じてしまうのです。そこ...