MENU

タウリンとオルニチンの肝臓への働きかけ方の違いは?

皆さん、オルニチンという物質を聞いたことがありますか。
この物質の体内での働きに関して詳しく見ていきます。

 

これは遊離アミノ酸の一種で、体内の健康維持に欠かせない物質です。
まず、オルニチンは、体内に入ると腸内で摂取されます。そして、肝臓や腎臓、筋肉に移行するのです。

 

ところで、オルニチンは肝臓の細胞内で、アンモニアを解毒する代謝経路を作ります。これは、オルニチンサイクルと呼ばれているのです。別名を尿素回路とも呼ばれていて、有毒なアンモニアを、無毒な尿素に変換します。
そして、尿素を作った後に、オルニチンは肝臓内でまた再生されます。
このようなサイクルを、肝臓を活発にすることで肝臓の働きを助けるのです。
その結果、肝臓の機能を正常に保てるようになります。

 

また、体内でエネルギーの貯蔵や代謝を行う重要なATPと呼ばれる物質は、アンモニアによって生成が阻害されます。
アンモニアを除去して、エネルギーの生成を円滑にして、その結果身体の疲労回復を助けるのです。

 

なお、アンモニアは疲労の原因物質で、過剰に蓄積すると脳へ悪影響ができることがわかっています。

 

オルニチンとタウリンの共通点は肝臓に良いことだった!

 

ところで、オルニチンと同様に肝臓の機能を回復させる、タウリンと呼ばれる物質があります。
これもアミン酸の一種で、体内の健康維持には欠かせない重要な物質です。

 

今回のメインテーマはタウリンとオルニチンとの違いや比較です。

 

そこで、まずタウリンが、肝機能へのどのような働きをするものなのか軽く述べます。

 

タウリンは肝臓内に溜った中性脂肪を、体外に排出してくれる効果を有しています。
中性脂肪は、糖質や脂質を過剰に摂取して、しかも運動不足であると肝臓に溜りやすいと言われている物質です。

 

また、肝臓内で行われているアルコール分解を早める効果もあります。
アルコールを摂取すると、体内でアセトアルデヒドに変化します。そのアセトアルデヒドが体内に残り続けると、二日酔いになってしまうのです。この物質を、いち早く酵素に分解してくれるのが、タウリンです。

 

さらに、胆汁酸と呼ばれる物質を、肝臓内で増加させます。
この物質は、体内のコレステロール値を下げてくれるのです。
コレステロール値が高いと脳にある太い血管にアテロームという黒い塊ができてしまい、動脈硬化になってしまう恐れがあります。
動脈硬化は、あらゆる生活習慣病の原因となっている怖いものです。

 

オルニチンとタウリンとの肝臓への働きかけの違いは?

 

オルニチンは、タウリンに比べて肝臓への働きかけが、直接的です。
短期間で、効果が出やすいと言われています。
既に述べたように、肝臓内で毒素を分解する独自のオルニチンサイクルを形成します。
また、肝機能を向上させるためのホルモンを分泌するのです。
その結果、肝臓組織の修復を行います。
ちなみに、ドイツでは肝臓の治療薬としてオルニチンは有名です。

 

一方、タウリンはオルニチンに比べて働きかけが間接的です。
あくまで、タウリンは身体の機能を一定に保つための機能である、ホメオスタシスを維持するために必要な成分と言われています。

 

ところで、肝臓は代謝や毒素の排出などを行う臓器です。これは、身体の機能を一定に保つホメオスタシスと密接な関係にあります。

 

同時摂取が効果的です

 

脂肪肝の改善には、軽い運動と食生活の改善で、十分に効果があります。
ですから、脂肪肝程度ですとオルニチンを摂取した方が効果的です。

 

一方、肝炎や肝硬変にまで症状が進行している場合には、タウリンとオルニチンを同時摂取するといいでしょう。
この場合は、肝臓に重篤なダメージが及んでいますので、長期的な肝機能の回復が重要であります。