MENU

タウリンの疲労回復効果は意見が分かれる

お仕事や受験勉強で疲れた時、気合いを入れるため栄養ドリンクを飲む方が多いのではないでしょうか。飲むとシャッキと気分が切り替わって今までの疲労が楽になります。
栄養ドリンクのCMで「タウリン1000mg配合」とうたった宣伝があるように、タウリンは多くの栄養ドリンクに含まれている物質です。

 

ドリンクのCMの影響でタウリンには疲労回復効果があると多くの人は認識しています。

 

栄養ドリンクでタウリンを摂取しても効果が薄い?

 

微量のアルコール,カフェイン,糖分,微量のタウリンが栄養ドリンクの中身です。
栄養ドリンクに含まれている1000mgのタウリンはわずか1グラムにしか過ぎません。しかし、タウリンの摂取量としては多いのです。
タウリンの摂取の目安は500mgだと言われています。

 

一度に大量のタウリンを摂取しても身体に害はありません。ただ、体外にすぐに排出されてしまい効果は薄れてしまうのです。
微量のタウリンを継続的に摂取することが重要と言えます。

 

タウリンの疲労回復効果に様々な意見がある

 

タウリン含有飲料として有名な栄養ドリンクが実はカフェインや糖分による疲労回復だったのでしょうか
そこで、タウリンに疲労回復効果があるのかと医学界では疑問が投げかけられています。

 

ところでカフェインには覚せい作用があり、脳内のやる気成分であるドーパミンを増加させます。そして糖分と一緒に摂取することで運動エネルギーが増加し、活力が湧いてきて疲労を感じなくなるのです。また、糖分は血糖値をあげて意識がスッキリする効果があります。

 

タウリン摂取で肝機能が回復して疲れにくくなっている

 

ただ、タウリンを長期間摂取していると肝臓の機能が回復して疲労感を感じににくい身体になります。肝機能の回復により人はだるさや疲れを感じなくなりその結果疲労が回復していると感じるのです。

 

肝機能回復により疲労回復のメカニズムを説明するためにまず肝臓の機能をそれぞれ述べる必要があります。

 

肝臓にはまず代謝機能があります。肝臓は食物から摂取したたんぱく質や,脂質,炭水化物をエネルギーに変えるのです。

 

エネルギーに変える過程で体内にグリコーゲンを貯蓄し,必要に応じて血中グルコースを放出して血糖値を調整します。倦怠感を感じるときは血糖値の調整が上手くいかない時です。

 

また、機能の弱った肝臓は胆汁が上手く分泌されず脂質やビタミンA, D, E, Kの吸収が妨げられます。脂肪便を排出し食欲減退するなどの症状が発生して脱力感を感じるようになるのです。

 

肝臓は血液内の有害なウイルス,老廃物質を除去してくれる解毒作用もあります。解毒により綺麗になった血液が多くの栄養素と酵素を運ぶ結果,だるさや疲労感を軽減してくれるのです。
また、肝臓はアンモニアの解毒も行っています。アンモニアは疲労物質として有名です。

 

タウリンにはアルコールの分解を早めて肝臓の働きを助ける機能もあります。お酒を飲んだ日の翌日の朝,妙に身体が怠かったり起きるのがしんどかった経験はありませんか?
アルコールによって肝臓に負担がかかり、しかも上手く肝臓がアルコールを分解できていないから起こる体調の変化です。

 

アルコールを摂取すると体内ではアセトアルデヒドに分解されます。その後、酵素に分解され、酵素の働きを助けるのがタウリンです。

 

肝臓をいたわって健康な生活を送りましょう!

 

いかかだったでしょうか。
肝臓の機能を回復させることで人間は疲労を感じにくくなることが、理解できたと思います。肝臓の機能を上手く働かせる成分がタウリンなのです。
タウリンは最近、サプリメントで多く発売されて注目されています。マメな摂取で肝臓を労わっていつまでも健康な人生を送りましょう。。