MENU

寝る前にタウリンが含まれる栄養ドリンクを飲むとどういいの?

皆さん、栄養ドリンクはいつ飲むものだとお考えでしょうか。
仕事や勉強で疲れた時に、気合を入れるためにグイッと飲み干すイメージがあります。
これはリポビタンDなどのCMで、マッチョなお兄さんが飲んでいるイメージもあるからでしょう。
ドリンクを飲みその結果、やる気や元気が出てきて仕事がバリバリ出来そうな気がしてきます。

 

もしくは起床直後?飲酒直前?

 

激務続きで慢性的な疲労に悩まされている人は、朝起床すると非常に身体が怠いです。
このだるい身体に喝を入れるために、起床してからすぐに栄養ドリンクを飲む人もいます。

 

すると、朝からしゃきっと、気持ちが切り替わり勉強に仕事に頑張れそうな気がしてきます。

 

ところで、これらのやる気倍増効果は実は栄養ドリンクに含まれているカフェインやアルコールの覚醒効果だったことをご存知ですか。

 

寝る前に飲むのと効果的だった!その理由は肝機能の回復

 

ところが、タウリン入り栄養ドリンクは寝る前に飲むと効果が一番上がるということをご存知でしたか。
どういう仕組みか詳しく述べます。

 

まず、リラックスして深い睡眠をとることができます。
タウリンは、興奮したりストレスを感じるときに働く、交感神経の働きを抑える機能があるのです。
交感神経とは心臓を動かすなど、自分の意思ではコントロールできない自律神経の一種です。
そして、タウリンを摂取した結果、リラックスした時や睡眠中に働く副交感神経をよく働かせてくれるようになります。

 

また、交感神経抑えた結果、高血圧に効くという作用もあります。
仕組みを軽く説明します。
交感神経が働いた時、脳内からノルアドレナリンという物質が放出されるのです。そして、その結果、体内の血管が収縮して血圧が上がります。

 

さらに、飲み過ぎてしまった夜に、寝る前にタウリンを飲むと翌朝の怠さが無くなり効果的です。
どういうことか説明します。
タウリンには肝臓内でのアルコール分解を促進する効果があります。
アルコールが体内に入るとアセトアルデヒドに分解されます。
そして、次に酵素に分解されるのです。このアセトアルデヒドが体内に残り続けると二日酔いになってしまいます。
つまり、酵素への分解スピードを上げるのがタウリンです。

 

さらに、タウリンは成長ホルモンの分泌を促進して代謝を促進します。
この仕組みに関して詳しく説明します。
まず、成長ホルモンという物質の名前をご存知ですか。このホルモンは文字通り、身長を伸ばす物質として認識されています。
しかし、もう一つ重要な働きがあります。それは代謝を促進することです。代謝とは身体にある物質をエネルギーとして使える状態に変換することを指しています。

 

寝ている時、体内で成長ホルモンが多く生成されます。脳から命令を受けると脳下垂体から分泌されるのです。
そして、肝臓や筋肉、脂肪など様々な部分で行われている代謝を促進します。
肝臓の機能の重要な一つに、炭水化物や脂質、たんぱく質の代謝を行うものがあります。
ですから、寝る前にタウリンを飲んでおくとスムーズに代謝が行われやすくなるのです。
そして、代謝が上手く行われると老廃物が体内から排出された結果、ダイエットにも繋がるのです!

 

寝る前はカフェインやアルコールの少ないドリンクを飲みましょう。

 

しかし、栄養ドリンクの中身は、カフェインやアルコールが含まれていることがあります。
カフェインやアルコールには覚せい作用が存在することは既に述べました。
寝る前にこれらを含む栄養ドリンクを飲んでしまうと目が冴えて寝れなくなってしまいます。
そこで、ノンカフェインと表記されたタウリン入り栄養ドリンクを摂取すると効果的です。