MENU

血圧が高い方にもタウリンがおすすめできるわけ

タウリンは肝機能を回復させる効果だけを有しているわけではありません。
具体的には、血圧を下げる効果や眼精疲労回復機能を有するのです。

 

パソコンの見過ぎで現代人はドライアイになって角膜や網膜に傷がついています。そこでタウリンが目の網膜や角膜を回復させるのです。タウリンは目薬によく含まれています。

 

その他の血圧を下げる機能に関しては、以下の項目で詳しく見ていきましょう。

 

高血圧の人にタウリンが有効なわけ

 

どのようにタウリンが身体の中に作用して血圧を下げるのでしょうか。

 

そこで、まず血圧が上がる仕組みを説明することが必要です。仕組みは大きく分けて二つあります

 

身体の中には交感神経と副交感神経の二つの正反対の働きをする、自律神経と呼ばれるものがあります。
自律神経とは消化器や呼吸器を働かせるために存在している神経のことです。人間が意識して働きを調整することはできません。
交感神経は活動している時やストレスを感じる時、緊張している時に働くのです。一方、副交感神経は睡眠中やリラックスをしている時に働きます。

 

交感神経が活発に働いた時に、ノルアドレナリンというホルモンが脳内から分泌されるのです。その結果、血管が収縮します。そして、血圧が上昇するのです。
タウリンは交感神経の緊張を緩め、ノルアドレナリンの分泌を抑える効果があります。

 

また、交感神経が腎臓に作用することでも血圧は上がります。腎臓は血液をろ過して身体の塩分や水分の量をコントロールする機能があるのです。
そして、余分なものを尿として身体の外に追い出します。その結果、血液の量を減らして血圧の上昇を抑えるのです。
腎臓は、血圧が高い時は体内の塩分と水分の量を増加させて血圧を下げます。一方、血圧が低い時は血中の塩分量と水分の排出を減らして血圧を上げる仕組みです。

 

 

高血圧が原因となる病気

 

高血圧になると動脈硬化を引き起こすのです。動脈硬化とは血管が弾力を失ったり、血管の内側が狭くなることをいいます。高い血圧に耐えるために血管の内側が厚くなるため、さらに血管の内側は狭くなってしまうのです。

 

サプリメントの摂取で高血圧を予防しよう

 

いかがでしたでしょうか。
高血圧の方にタウリンが、有効であることがわかりました。

 

ところで、タウリンは魚や貝に多く含まれています。
しかし、魚介類には天然の塩分やコレステロールが多く含まれており、高血圧の方は食べるのに注意が必要です。
また、1日のあたりの推奨摂取量をとるのに毎日大量に魚介類を食べる必要があります。
そこで、サプリメントで摂取しましょう。標準目安量の500rから3000rを効率よく摂取できるのです。